本文へスキップ

鉄鋼流通/コイルセンターの実務とITに精通した専門家集団 ◆ 業務改善・システム導入支援で貴社をサポート

  〒231-0866
  神奈川県横浜市中区
  柏葉96-19

目次

1.RFID
 ・鋼材に適したRFIDとは
2.カラーコードとは
3.テキストマイニング

鋼材に適したRFIDとは


1)金属対応タグ

RFタグは金属に貼ると読み取りにくくなる場合がある。金属面との間に隙間を設ける等の処置を行い、金属に貼り付けても読み取りができるようにしたRFタグを「金属対応RFタグ」と呼ぶ。金属対応タグには以下のような種類がある。

<金属対応タグの種類>
@ICチップと台座に隙間を設け金属面から離したタイプ

A ICチップの角度を工夫して金属面から離したタイプ 
※金属にインレイを垂直にすることで
 金属からの影響を排除

鉄鋼関係でのRFID使用事例


1)コイルセンター

  @ 国内
    母材コイルにICタグを貼付
    ・置場管理と異材加工防止
    ・非鉄金属加工業(黄銅・青銅)・・置場管理と不正持ち出し防止 製品にICタグを貼り在庫管理

  A 海外
    韓国・鉄鋼メーカー
    ・物流管理:母材コイル内径に金属対応タグを貼り、製鉄所内の置場管理、移送時の誤出荷防止と
         物流管理
    ・ 中継地・倉庫・コイルセンター入荷業務の簡素化

2)鋼管

  @ 置場管理(野外)、異材出荷防止

  A 輸出鋼管の輸送履歴追跡

3)ボンベ・通いパレット

  生ビールのボンベ、産業用ガスボンベ、通いパレットの回収管理

RFID導入のポイント


  バコードをICタグに置き換えるだけでは、コストが高くなるだけ。
  新しいサービス・付加価値の創造、他社との差別化へICタグの特長を活かし使用することがポイント 。

バナースペース

株式会社CANVAS

〒231-0866
神奈川県横浜市中区 
柏葉96-19